クレジットカードでマイルを貯めるには

マイルは航空会社が提供しているポイントサービスで、貯まった数に応じて国内外の航空券等と交換ができます。 飛行機で行くのが一般的な沖縄や北海道、海外旅行へ行きたいという場合、時間の余裕があってもお金の余裕がないと言う方が少なくありません。 航空券の運賃の高さがネックになるため、これがポイントで交換できるなら助かります。 もっとも、従来のサービスではフライトに応じて貯まる仕組みのため、飛行機を利用しないことには貯まりませんでした。 これが現在ではクレジットカード利用で貯めたポイントを、マイルに移行できる仕組みが登場しており、貯めやすくなっているのです。 どのような方法があるかといえば、1つは航空会社が発行するカードにクレジット機能を付帯させます。 審査を経て新たにクレジットカードが発行されます。 これをコンビニやスーパー、様々なショップでの買い物やレストランやホテルで利用したり、公共料金等の支払いに利用すれば、利用金額に応じてどんどんマイルが貯まっていくのです。 また、最近は航空会社とは無関係の一般的なクレジットカードでも、航空会社のマイレージサービスと連携し、ポイントを移行できるようになっています。 これを利用すれば、ほとんど飛行機を利用しないという方であっても、日々の買い物や公共料金の支払いでコツコツ貯めて、貯めたポイントで希望の航空券を得ることが可能となります。 そのためには、電話料金や電気代などの毎月の固定費をカード払いにするなどの工夫も必要です。

(カードQ&A)貯めやすく使いやすいANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブとは略称AMCとも呼ばれ、現在日本一の発着数を誇る航空会社の全日空が行っているマイレージポイント制度です。 全日空の国内便や海外便の搭乗距離に応じたマイルが付与され、一定数のマイルがたまると、国内便や海外便の航空券に交換できます。 また、マイルを貯めることにおいては、提携するユナイテッド航空などのスターアライアンス加盟航空会社での搭乗でも付与されます。 さらに、食事や買い物、宿泊、それにEDYの利用など様々なシーンでも貯められるのが特徴です。 食事はグルメマイルと呼ばれ、国内の提携レストラン利用、そして宿泊では、旧全日空ホテル系をはじめ提携ホテル利用でマイルが付きます。 特にANAホームページ経由でのホテル予約では、割引価格宿泊ができるうえにマイルも付くというお得さです。 さらに、EDYが使える加盟店ではグルメマイルまたはホテルマイルとEDYマイルの双方を同時ゲットも可能です。 そのほか、大手通販サイトはじめ加盟通販サイトをANAホームページ経由で利用すと、ポイントサイト感覚でマイルが付与され、利用先サイトのポイントも同時に獲得できます。 貯めたマイルの利用では、スターアライアンス加盟航空各社の航空券交換に交換も可能です。 そして、ANAショッピングではマイルを買い物の支払いにも利用できます。 さらには、EDYとして交換することもできますから、交換後の利用には制約はありません。 このように、ANAマイレージクラブのマイレージはためやすく、使い道も幅広いのが特徴です。

■お金を借りる方法が分からなときはお金を借りる方法をご覧下さい