クレジットカード払いによる電子マネーへのチャージ等で貯まる連携ポイント

電子マネーとクレジットカードとは、どちらも同じく現金以外の支払い手段です。 なので、互いにライバル同士のようなものであると考えていらっしゃる方は多いでしょう。 しかし、実際には、カードとマネーを上手く使い分けて併用していくことで、ショッピングなどをよりお得に楽しめるようになる、謂わばパートナーのような関係にあるのです。 カードとマネーを併用するとお得になる理由としては、連携ポイントが貯められることが挙げられます。 このポイントは、クレジットカードを利用して電子マネーへのチャージを行った場合に発生する場合が多いです。 ただ、ごく一部では、電子マネーにチャージしたお金を実際に支払いに利用した際にポイントが発生するような場合もあります。 発生するポイントの額は、カード会社によってまちまちです。 通常のショッピングの支払いにカードを利用する際と同じレートでポイント付与がある場合もあれば、半額のレートでポイント付与がある場合もあります。 また、カード会社によって、どのマネーへのチャージができるかが異なっていますし、チャージはできてもポイントの付与制度はないという場合もあるのです。 ですから、どのカードとどのマネーを連携させるかによって、お得度に大きな違いが出てくることになります。 ポイントは、普通に利用する中で得られそうだったら得られればそれでいいという考えである場合には別ですが、できるだけお得度が高くできたら嬉しいと思っている場合でしたら、連携させるカードとマネー選びには注意すると良いでしょう。

(カードQ&A)コンビニでお得にポイントが貯められるサービス

ポイントシステムを採用しているところは数多くありますが、その目的は顧客を囲い込むことにあると言われていました。 それが、最近では、少し様子が変わってきているようです。 共通で使えるシステムに多くの企業が参入することで、顧客を囲い込むことともに、お互いの顧客を送客できる効果に注目が集まっています。 そこで、多くの顧客を送客できるようにするためには、多くの場所で利用することができなければなりません。 参加企業が多くコンビニで利用可能なものとしては、TポイントやPontaなどがあげられます。 共通システムに参加しているコンビニであれば、お買い物やサービスを利用するたびに貯めることができます。 そこでお買い物やサービスを利用するたびに貯まるのであれば、そこを利用する頻度がどんどん上がっていくものです。 顧客もお得に利用することができますし、店側としても顧客の囲い込みができるため、双方にとってメリットが大きくなります。 競争の激しいコンビニでは、新たに顧客を獲得することは容易ではありません。 それが、共通ポイントに参加することで他企業から送客が行われれば、容易に顧客を増やすことができるでしょう。 顧客も貯めることができる場所が多くなることはメリットが大きく、さらに貯めたいと考えてもおかしくはありません。 これまで一つの会社だけで行われることが多かったシステムが、これからはどこでも利用することができるのが当たり前になりそうです。

■お急ぎの方は即日融資キャッシングで今すぐお金を借りるをご覧下さい