クレジットカードのキャッシュバックをお得に使おう

クレジットカードのキャッシュバックをうまく使えば、現金よりもお得にショッピングができます。 キャッシュバック率1%の場合、100円に対して1円が現金として還元されるのです。 手続きをして還元を受けるカードと、自動的に還元・カード料金から割引されるカードもあります。 年間の利用額に応じて利率が高くなるカードが多く、支払い方法ではリボ払いが高還元です。 この制度をうまく利用するには、ポイントの有効期限に注目する必要があります。 ほとんどのカードには有効期限があり、しばらく使わないと失効してしまうのです。 新しいカードに入会して、そちらのカードをメインに使用していると、旧カードの存在を忘れてしまい、そのまま失効というパターンは非常に多いです。 それぞれのカードのポイント有効期限を把握しており、リスト化しておく必要があるでしょう。 キャッシュバックの方法は主に2種類があり、翌月の支払金額から自動的に値引きしてくれるタイプ、そして定期的に口座振込してくれるタイプがあります。 前者は毎月確実にお得を実感でき、後者はお小遣い感覚の嬉しさがあります。 クレジットカードは、現金払いよりもメリットがなければ加入する意味がありません。 年会費無料のカードであればコストパフォーマンスを考慮する必要はありませんが、年会費有料のカードを選ぶときは、毎月のカード利用額、利用頻度なども把握しておく必要があるでしょう。 年会費が有料であっても、それ以上のメリットを期待できるならば、年会費無料カードよりもコストパフォーマンスの高いものとなります。

(カードQ&A)クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の一部

クレジットカードにはショッピングするのに便利ですが、それとは別にキャッシング機能もついています。 これを利用するには電話やインターネットサイトから、申し込みをするだけの簡単な作業で済んでしまうのです。 一般的にお金を借りるときは審査が必要となりますが、もうすでにカードを所有するときに審査が終えているため、その時間を省くことができます。 また、現金の受け渡しは指定した口座であるため、すぐに振り込まれるためスピーディな借り入れができ、緊急で現金が必要になったときに便利です。 当然のことながら、いくらでも借りられるというわけではありません。 クレジットカードにはショッピング枠という利用金額の上限が設けられていますが、そのショッピング枠のなかにキャッシング枠があります。 つまり、その枠内の金額でしかお金を借りることができませんし、そこでお金を借りると当然のことながらその分だけショッピング枠も狭まってしまいます。 逆にいえば、ショッピング枠ギリギリでクレジットカードを利用していたのならば、ほとんどキャッシングを利用することはできないのです。 もちろん返済すればその分だけ枠が元に戻ることになるのです。 そのため、お金を借りることができますが、数十万円を借りる人はほとんどいません。 カード所有者の上限にも左右されますが、大方の場合は1万円から10万円前後の利用となっています。 そのくらいの現金を借りたいという人には便利なサービスだと言えます。

■臨時で10万円 借りたいときにご覧下さい